コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関連構文 かんれんこうぶん

世界大百科事典内の関連構文の言及

【シンタクス】より

…さらに,近年では,当該の文だけを見るのではなく,[4]〈関連諸構文との関係〉というとらえ方が盛んになり,これによって研究はにわかに充実の度を加えてきた。関連構文とは,当該の文と文法上の関連を認め得る文や句(ごく単純な例としては能動文に対する受動文など)のことである。たとえば,(i)(a)John persuaded Mary to come to the party.と(b)John wanted Mary to come to the party.とは同じ文型のように見えるが,(a)に関しては関連構文として受動文Mary was persuaded by John to come to the party.が作れるのに対し,(b)に関してはそれができない(Mary was wanted by John to come to the party.とはいえない),また(ii)(c)〈招待した村長が遅れて来た〉という文の(d)〈招待した村長〉という句は,(e)〈(誰かが)村長を招待した〉という文の関連構文である場合と,(f)〈村長が(誰かを)招待した〉という文の関連構文である場合と,二つの可能性がある(すなわち(e)(f)の二通りにとれる),というように,関連構文への考慮が必要あるいは有効な場合は数多い((i)(ii)はともに基礎的な一例にすぎない)。…

※「関連構文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone