コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀浄土 あみだじょうど

世界大百科事典内の阿弥陀浄土の言及

【浄土教】より

…ちなみに,中国では弥勒下生に名をかりた民衆反乱が頻発するのであるが,それらは阿弥陀信仰が弥勒上生信仰を圧倒した隋・唐以後であることは注目されてよかろう。ところで,《漢訳大蔵経》のなかで阿弥陀仏について説いている仏典は270余部で,大乗仏典全体の3割を占めていて,中国や日本では阿弥陀浄土の信仰が他の浄土教を圧倒して普及し,浄土教の名称を独占するかのごとき様相を呈するにいたる。この阿弥陀浄土をとくに説く浄土経典としては《般舟三昧(はんじゆざんまい)経》と《無量寿経》《阿弥陀経》《観無量寿経》のいわゆる〈浄土三部経〉がある。…

※「阿弥陀浄土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿弥陀浄土の関連キーワード日本往生極楽記法華寺旧境内阿弥陀浄土図清海曼荼羅浄土教美術白蓮教の乱智光曼荼羅當麻曼荼羅当麻曼荼羅観経変相安都雄足善財童子敦煌石窟朝鮮彫刻熊野信仰浄土変相浄瑠璃寺阿弥陀堂浄土教平等院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿弥陀浄土の関連情報