コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院分受領 いんぶんずりょう

世界大百科事典内の院分受領の言及

【院宮分国】より

… 院分国は,はじめ個別的,特例的にあてがわれたが,しだいに慣例化するに伴い,受領(ずりよう)(原則として国守)任命の手続のなかに組み込まれて制度化し,急速に発展した。《江家次第》によれば,受領の新任は,外記や史らの官人の巡任(年労等により定められた順序による任命)および別功によるほか,院の推挙によるものがあり,これを院分受領といい,その任国を院分国といった。《西宮記》《北山抄》には,官人の巡任や別功のことは見えるが,院分は見えないので,院分国は摂関期末ないし院政期の初めに制度化したらしく,その実例は《中右記》以下の院政期の記録によく見られるようになる。…

※「院分受領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android