陶山書院(読み)とうざんしょいん

世界大百科事典内の陶山書院の言及

【書院】より

…以後大小の書院が全国各地に簇生(そうせい)し,18世紀初葉には593(当時の郡県数は329)に達し,郷校に代わって学問・道徳実践の修行と先賢および先烈の崇徳報功の教育・教化の場として国民教育上重要な役割を果たした。礼安の陶山書院(李退渓),海州の紹賢書院(李栗谷)が著名。しかし反面,所属の儒生や書院の奴婢となって軍役を避ける者の淵叢となり,かつ朋党に加担して横議をこととし,しかもいたずらに濫設するなど弊害が続出し,1644年以後数次にわたり禁令を発したが効果は上がらず,ついに大院君政権下の1871年には47書院(うち祠20)を残し撤享撤額した。…

【李退渓】より

…しかし,たび重なる任官の命を拒めず,丹陽,豊基の郡守,成均館大司成等に任じ,豊基郡守のときには,朝鮮最初の賜額書院である紹修書院を実現させた。59年帰郷し,翌年陶山書院を建て,以後は学問と後進の指導に従事した。彼の学問は敬を重視し,徹底した内省を出発点とするもので,この立場から朱熹(しゆき)(子)の理気論を発展させ,理自体の動静(運動性)を明言し,〈四端七情〉について理気の互発を主張した。…

※「陶山書院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android