階級心理(読み)かいきゅうしんり

世界大百科事典内の階級心理の言及

【階級意識】より

…階級社会においてその社会の階級構造に規定されて現れるもので,資本主義社会においてもっとも重要なのは労働者階級の階級意識である。階級意識は,まず,類似性にもとづく同類意識のような階級心理から出発する。階級心理は,たがいの利害が共通していることを自覚すればやや高度な連帯意識に発展するが,連帯意識がより強固なものとなるのは,みずからの階級に敵対しみずからの生活を圧迫している他の階級を意識することによってである。…

※「階級心理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android