隣組制度(読み)となりぐみせいど

世界大百科事典内の隣組制度の言及

【唐】より

…戸籍は,その手実と計帳に基づいて3年ごとに県において作成された。これら計帳と戸籍の記載を正確にし,脱税や徴兵忌避を防ぐために,戸数を規準として人為的につくられた郷(500戸)―里(100戸)―保(5戸)の区分と,村―隣(農村)あるいは坊―隣(都市)の自然区分を併用した村落組織をつくり,連帯責任を課した隣組制度を強化し,人民をして本籍地から離れないようにしたのである。ちなみに,現存する唐の戸籍の大部分は,20世紀の初頭に,敦煌莫高窟からイギリスのM.A.スタイン,フランスのP.ペリオらによって将来されたものであって,トゥルファン出土の戸籍はほとんどが細片である。…

※「隣組制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android