コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨乞師 あまごいし

世界大百科事典内の雨乞師の言及

【雨乞い】より

…降雨を祈願するために,水や煙,鉦(かね)などがひろく用いられているが,それは水が降雨,煙が雨雲,鉦の音が雷鳴を象徴するからで,このことは,雨乞いが似たものは似たものを生むという類似の原理にもとづいた類感呪術であることを物語っている。雨に生活を依存するアフリカの牧畜民や農民のあいだでは,降雨をつかさどる雨乞師の社会的地位が高い。ロベドゥ族(南アフリカ)の女王は,政治的な首長であると同時に,神から任命されて最高の位についた雨乞師でもある。…

【王】より

… もう一つは,王が超自然的な力と人間との媒介者たる性格をもっていることである。たとえばアフリカでは,それは卓越した雨乞師であったり(ローデシアのロベドゥ族)するが,こうして超自然的な力に一定の仕方(儀礼など)で訴えかけることによって,みずからが支配する人々に幸福をもたらすのである。しかし王は外在する超自然的な力を背景にしたり,利用したりするだけではない。…

※「雨乞師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone