コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨水量 うすいりょう

世界大百科事典内の雨水量の言及

【下水道】より

…下水は自然流下で収集することが原則であるが,途中で自然流下が困難な場合に中継ポンプ場が必要となる。合流式では雨水量が晴天時汚水量の2~3倍を超えたときには,その超えた分の下水量を雨水吐きを通じて直接公共水域に放流し残りが処理場に導かれる。したがって,降雨量が多いときには下水が公共水域に直接流入することを避けられず,最近ではとくに都市域で雨天時の直接放流による水質汚濁負荷量が無視できなくなっており,このため雨天時には処理能力を超えた下水の一部分を貯留池に一時的に貯留して処理する方式の採用など,見直しが必要となっている。…

※「雨水量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雨水量の関連キーワード下水道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨水量の関連情報