コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲上公伝説 くものうえこうでんせつ

世界大百科事典内の雲上公伝説の言及

【三面川】より

…瀬波川はこのころ国領とされたが,荘家の侵略を受けしだいに小泉荘にとりこまれたとみられる。三面川は古くからサケ,アユなど川魚の宝庫で,中世から近世にかけて,流域の河内神社の成立を物語る雲上公(くものうえこう)伝説があり,川漁,河水交通,土地の信仰・習俗などを伝えている。江戸時代には,サケが村上藩財政の一部として重視され,〈種川〉と称する増殖法が講じられた。…

※「雲上公伝説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android