霧ヶ丘遺跡(読み)きりがおかいせき

世界大百科事典内の霧ヶ丘遺跡の言及

【落し穴】より

…落し穴が発明された時期ははっきりしないが,後期旧石器時代にはマンモスなどの大型動物の捕獲に用いられたと推定されている。日本では横浜市霧ヶ丘遺跡の発掘以来,縄文時代の落し穴とみられる穴が,おもに東日本各地で発見されている。多摩丘陵では底に棒を立てた楕円形のものが縄文時代早期に多くつくられ,北海道では幅の狭い溝形のものが縄文中~後期に多く用いられた。…

※「霧ヶ丘遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android