コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木ヶ原丸尾 あおきがはらまるび

世界大百科事典内の青木ヶ原丸尾の言及

【青木ヶ原】より

…標高900~1200m,周囲16km,面積30km2にわたって広がり,遠望すると海のように見えるところから青木ヶ原樹海と呼ばれている。成因は864年(貞観6)富士山の側火山,長尾山の噴火で大量の溶岩流(青木ヶ原丸尾(まるび))が流出した上に,伏流水などの影響で数百年を要して樹木が密生し,溶岩原上のため人手が入りにくく残ったとされる。溶岩流は山麓では掌状に広がり,御坂(みさか)山地に達して当時剗海(せのうみ)と呼ばれていた大湖に流れ込み西湖,精進(しようじ)湖の堰止湖を生じた。…

※「青木ヶ原丸尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone