コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革命文学 かくめいぶんがく

大辞林 第三版の解説

かくめいぶんがく【革命文学】

中国で、五・四運動以降の大革命の時期の文学論争を反映した文学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の革命文学の言及

【中国文学】より

…また,郁達夫の《沈淪》は,暗い現実に苦悩する青年を性のもだえを通して描き,注目をあびた。
[革命文学の時代]
 1925年の五・三〇事件を契機として,革命運動が再び高揚期を迎えると,〈文学革命から革命文学へ〉というスローガンが創造社グループによって提起され,やがてそれは20年代末にはプロレタリア文学運動となって展開した。革命文学をめぐっては,創造社や太陽社の若い文学者と魯迅などとの間で一時期激しい論戦が交わされたが,それは同時に論戦を通じて,両者がそれぞれに外来のマルクス主義文芸理論を消化,吸収していく過程でもあった。…

※「革命文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

革命文学の関連キーワードアストゥリアス(Miguel Ángel Asturias)ベッヒャー(Johannes Robert Becher)ハーベー スウェイドスブルーノ ヤセンスキー中国左翼作家聯盟プロレタリア文学M. ターリボフ中国左翼作家連盟蒋光慈・蔣光慈成【ほう】吾ベッヒャースエイドスターリボフ前衛芸術タイラー文学論争文芸講話アスエラ銭杏邨胡万春

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

革命文学の関連情報