コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革命根拠地 かくめいこんきょち

世界大百科事典内の革命根拠地の言及

【根拠地】より

…遊撃戦争において,みずからの勢力を保存・発展させ,敵を消滅・駆逐し,その戦略的任務を達成するための基地。毛沢東の革命戦略思想に基づいて,1927年秋井岡山革命根拠地樹立以後,省境農村地帯に建設された。毛沢東は,このような割拠が可能な条件として,中国が半植民地・半封建社会であるため新旧軍閥の割拠とたえざる内戦が存在することをあげているが,この固有の矛盾を利用して,根拠地によって革命勢力が自己を保存・発展させ,農村革命根拠地をもって長期にわたる戦争を経て都市を包囲する戦略が実行された。…

※「革命根拠地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

革命根拠地の関連キーワードルオシヤオシャン(羅霄山)山脈ハムギョンプク(咸鏡北)道ホワンヤンチエ(黄洋界)チャンティン(長汀)県ロンイエン(竜岩)地区シャンハン(上杭)県チンカン(井崗)山ロイチン(瑞金)県ツーピン(茨坪)土地革命戦争毛沢東思想江西(省)中国革命太行山脈秋収暴動根拠地張国燾彭徳懐王願堅鄧小平

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android