コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘鳴り サヤナリ

デジタル大辞泉の解説

さや‐なり【×鞘鳴り】

刀身が鞘に合わないため、振ると音がすること。
敵と戦おうとして、心がはやること。
家がきしんでを立てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さやなり【鞘鳴り】

刀身が鞘に合わないために、持ち歩くと音がすること。
家がきしんで鳴ること。 「つばめ合せと親方が、-するぞ道理なり/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鞘鳴りの関連キーワード長町女腹切刀身

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android