コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔習斎 がんしゅうさい

世界大百科事典内の顔習斎の言及

【顔元】より

…字は易直,渾然。号の習斎をもって顔習斎の名でも知られる。初め朱子学を学んだが,やがて読書静座の非現実性を悟って,兵農礼楽などの社会的実用を目的とする実学と,農耕をも含む労働を尊ぶ習行論をとなえ,孔子,孟子の本来の面目に帰ることを主張。…

※「顔習斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

顔習斎の関連キーワード顔元