飛行時間差型質量分析計(読み)ひこうじかんさがたしつりょうぶんせきけい

世界大百科事典内の飛行時間差型質量分析計の言及

【質量分析法】より

クロマトグラフィー
[質量分析器mass spectrograph]
 質量分析法に使用される装置を総称して質量分析器と呼ぶが,これは偏向型(磁場型)のものと非偏向型のものとに分類できる。前者は一様磁場・電場の内でのイオン偏向軌道の差によって質量分離するもので,単収束質量分析計(図1),二重収束質量分析計等があり,後者には四重極質量分析計(図2),飛行時間差型質量分析計が含まれる。質量分析器の発展を概観すると,1913年J.J.トムソンにより質量分析器と呼ばれうる最初のものが考案された。…

※「飛行時間差型質量分析計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android