飯田石園(読み)いいだせきえん

世界大百科事典内の飯田石園の言及

【飯田年平】より

…幕末・明治期の国学者,歌人。因幡の人。通称七郎,石園と号す。父の飯田秀雄とともに本居大平に師事,その没後は加納諸平(もろひら),伴信友に就いて学ぶ。歌に秀で,諸平,石川依平(よりひら)とともに世に歌人三平と称され,また祝詞体の文章にも優れた。鳥取藩の国学方に起用され,《伯耆志》編纂に従事し,維新後は徴士として朝廷に出仕,さらに神祇大録などを歴任した。著書に家集《石園集》のほか,《祝詞式》《新姓氏弁》《石園歌話》などがある。…

※「飯田石園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android