飴屋踊(読み)あめやおどり

世界大百科事典内の飴屋踊の言及

【万作踊】より

…埼玉県を中心に関東地方の祭礼などに踊られる踊り。一種の地狂言で〈万作芝居〉とか〈飴屋踊〉とも呼ばれる。江戸時代末期に,江戸周辺農村部の若者が,当時流行の俗謡につれて歌舞伎もどきの踊りをくふうし,みずから演じたもので,曲目には芝居物に《白桝粉屋》《笠松峠》《広大寺和尚》,手踊物に《新川》《下妻そうだい》《伊勢音頭》など多数がある。…

※「飴屋踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android