香川用水事業(読み)かがわようすいじぎょう

世界大百科事典内の香川用水事業の言及

【四国地方】より

…1960年代後半から南四国の豊富な水をダムに貯水して北四国へ回す事業が盛んになり,愛媛県では面河(おもご)ダム(1965完成)から道前・道後両平野へ,柳瀬ダム(金砂(きんしや)湖,1953完成)から東予工業地域へ送水されるようになった。最大のものは高知県の早明浦(さめうら)ダム(1973完成)と香川用水事業で,74年には讃岐山脈をトンネルで抜いて吉野川の水の一部が讃岐平野に送水されるようになった。これらの事業によって瀬戸内側の水不足問題はかなり解決された。…

※「香川用水事業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android