コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅屯土 えきとんど

世界大百科事典内の駅屯土の言及

【朝鮮土地調査事業】より

…ところが当時土地所有関係に流動的要素があり,煩雑な申告作業に加えて地方有力者・地主などが同委員会の有力メンバーとなっていたので,土地所有権・占有権が否定される農民が少なくなかった。公式に示された紛争地は全調査筆数の0.5%,約10万筆で,そのほとんどが所有権にかかわっており,また併合直前からの駅屯土(李朝時代の宿駅付属の田土)調査事業によって強引に国有地化されたこともあって,紛争筆地の65%は国有地をめぐるものであった。事業完了の18年末現在,全国442万町歩のうち国有地が27万町歩,日本人所有地が24万町歩で,他は朝鮮人所有地である。…

※「駅屯土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android