コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆蝗神 くこうしん

世界大百科事典内の駆蝗神の言及

【バッタ(蝗)】より

…また飛蝗の害は大戦乱のあとに発生することが多かったので,戦死した兵卒の冤魂(えんこん)が飛蝗に化するなどともいわれ,7月の中元節前後には,成仏できない亡者の冥福を祈って〈目連戯〉が上演された。各地には,飛蝗を駆除する農事神〈駆蝗神〉も祭られたが,よく知られているのは,江蘇・浙江地方を中心とする〈劉猛将(りゆうもうしよう)〉と河北地方の昆虫を統べる〈虫王爺(ちゆうおうや)〉である。劉猛将は,清の雍正(1723‐35)初年には江南各県に廟宇(びようう)が建てられ,正月13日に祭礼がいとなまれたという。…

※「駆蝗神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android