コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒井源琦

1件 の用語解説(駒井源琦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

駒井源琦

江戸後期の円山派の画家。京都生。名は琦、源姓を連ねて源琦の名を以って知られている。字は子韞、通称幸之助。円山応挙の門に学び、高弟として長沢蘆雪と併称される。花鳥・美人画を能くした。寛政9年(1797)歿、51才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の駒井源琦の言及

【源琦】より

…江戸中期の画家。一般に姓の源(みなもと)を音読みする。琦はその名。氏は駒井,字は子韞,通称幸之助。京都の人。画を円山応挙に学ぶ。とくに唐美人図を得意とし,同門山口素絢の描く和美人と併称された。また彩色に長じ,長沢蘆雪とともに応挙門の二哲と呼ばれた。応挙没後,応瑞を補佐して円山派を盛り立て,応挙画風を素直に継承した温雅な画趣を特色とした。代表作に《梅花水禽図襖》(大乗寺),《楊貴姫図》がある。【河野 元昭】…

※「駒井源琦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone