高高度管制区(読み)こうこうどかんせいく

世界大百科事典内の高高度管制区の言及

【航空交通管制】より

…進入管制区の底は管制圏に接する部分で700フィート,その外側は1500フィート,3000フィートなどとしだいに高くなっている。なお,日本国内の2万4000フィート以上は高高度管制区として全面管制区となっている。このほか,管制区,管制圏の一部に特別管制区として指定されている空域があるが,これは交通量がとくに多い空域,あるいは進入,上昇経路など航空機がその飛行過程において危険な状態になる可能性のある空域で,航空機相互の異常接近や衝突を防止するために設けられているもので,この空域を飛行する航空機は計器飛行方式に限られる。…

※「高高度管制区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android