髪粉(読み)かみこ

世界大百科事典内の髪粉の言及

【鬘】より

…ルイ14世時代には鬘は最も大きくなったが,フランス革命前には小型の鬘が愛好されるようになっていた。ルイ王朝時代の貴族は,巻き毛のふさふさとした鬘と豪華な衣装をつけ,紅やおしろいで化粧し,髪と鬘にも小麦粉や米の粉などを混ぜ合わせた髪粉をふりかけた。ハイドンは,子どものころから鬘を離さなかったことで知られ,イギリスのS.ジョンソンやフランスのJ.J.ルソーは質素な鬘をつけていた。…

【服装】より

…そのほか,フランス革命期には,イギリスの男子用上衣にヒントを得た,衿つきのボレロ風な〈スペンサーspencer〉も用いられた。この時代には,男女とも初めは頭を小さく見せるように小型の鬘を用いたり,白い髪粉(かみこ)をふりかける風習が流行した。女性の髪形は,ルイ16世時代に法外に高く豪華になった。…

※「髪粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android