コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿沼軽石層 かぬまかるいしそう

世界大百科事典内の鹿沼軽石層の言及

【鹿沼土】より

…赤城火山から更新世末に噴出した軽石の黄色風化物で,園芸用土として一般にその名が知られる。鹿沼軽石層とも呼ばれる。赤城火山をかなめにして東方に扇形に分布し,その総量は体積にして約66億m3と見積もられている。…

※「鹿沼軽石層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿沼軽石層の関連キーワード星野遺跡鹿沼土

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android