コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄ばみ キバミ

1件 の用語解説(黄ばみの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ばみ【黄ばみ】

黄色みを帯びること。また、黄色くなった状態。「歯の黄ばみ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黄ばみの言及

【蛍光増白剤】より

…蛍光増白剤の特徴は,それ自身は無色ないし淡黄色であって,330~390nmの近紫外部に吸収をもち,紫外線を吸収して420~435nmの青色の蛍光を出すことである。繊維などの黄ばみは青色領域の光を吸収する物質によって起こるが,蛍光増白剤はこれを補うことにより黄ばみを消し,輝くような白さを与える。化学構造としては,スチルベン系,ベンゾオキサゾール系,スチリル系など7~8種の基本形があり,これらの基本構造をもつ化合物をスルホン化などによって水溶性としたアニオン型,第四アンモニウム基を導入したカチオン型,水に難溶性の非イオン型がある。…

※「黄ばみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄ばみの関連キーワード印綬を帯びる黄褐色乾酪変性黄ばむ黄み糠星草緑黄色トルコ砥石オストフの星色階級アユ(鮎)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄ばみの関連情報