コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄ばみ キバミ

デジタル大辞泉の解説

き‐ばみ【黄ばみ】

黄色みを帯びること。また、黄色くなった状態。「歯の黄ばみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄ばみの言及

【蛍光増白剤】より

…蛍光増白剤の特徴は,それ自身は無色ないし淡黄色であって,330~390nmの近紫外部に吸収をもち,紫外線を吸収して420~435nmの青色の蛍光を出すことである。繊維などの黄ばみは青色領域の光を吸収する物質によって起こるが,蛍光増白剤はこれを補うことにより黄ばみを消し,輝くような白さを与える。化学構造としては,スチルベン系,ベンゾオキサゾール系,スチリル系など7~8種の基本形があり,これらの基本構造をもつ化合物をスルホン化などによって水溶性としたアニオン型,第四アンモニウム基を導入したカチオン型,水に難溶性の非イオン型がある。…

※「黄ばみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄ばみの関連キーワード蛍光増白染料蛍光漂白剤FTN液晶蛍光増白剤ステイン酸性紙消す頗る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄ばみの関連情報