コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄斑萎縮 おうはんいしゅく

世界大百科事典内の黄斑萎縮の言及

【網膜】より


[網膜色素変性]
 夜盲と進行する視野狭窄を自覚症状とし,色素沈着,血管狭細化,視神経萎縮を典型的眼底所見とする遺伝性疾患。多くが常染色体劣性遺伝形式をとり,年少時に発症し,比較的早く進行すること,白内障が高率に出現すること,黄斑萎縮などが特徴である。常染色体優性遺伝形式をとるものでは,発症年齢が遅く,視機能もかなりよく保たれる。…

※「黄斑萎縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android