黄金鍵章(読み)おうごんけんしょう

世界大百科事典内の黄金鍵章の言及

【鍵】より

…18世紀から19世紀にかけて,ヨーロッパの多くの宮廷では侍従職のもつ精巧な儀礼用の鍵が作られ,それらの頭部は王冠や王家の紋章や組合せ文字によって飾られた。黄金鍵章gold keyはイギリス侍従長の標章であった。【春山 行夫】
[近代的な錠の出現]
 古くから用いられていた南京錠にはスプリングボルト式やウォード式があり,前者は錠前に板ばねの力ではまり込んだ閂を鍵で押し出すしくみ,後者は錠前内部の障害物を通過する鍵だけが一回転し解錠できるしくみであった。…

※「黄金鍵章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android