コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄鉱 おうこう

大辞林 第三版の解説

おうこう【黄鉱】

黒鉱くろこうを伴う鉱床中に産する黄色の鉱石。黄鉄鉱・黄銅鉱などからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黄鉱の言及

【黒鉱鉱床】より

…世界の銅,鉛,亜鉛の資源量のうち,それぞれ10%,6%,22%が,黒鉱ないし黒鉱型鉱床からのものである。 典型的な黒鉱鉱床では,鉱石は一般に3種にわけられ,珪鉱(黄鉄鉱―黄銅鉱―石英),黄鉱(黄鉄鉱―黄銅鉱),黒鉱(セン亜鉛鉱―方鉛鉱―四面銅鉱―黄銅鉱―重晶石)の順に,鉱体の下部から上部にかけて変化している。成因に関しては,古くから交代説と噴気堆積説の間で論争があったが,現在では海底火山活動に伴う噴気熱水作用による生成物であることが,広く学界に認められている。…

※「黄鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄鉱の関連キーワードカルタニッセッタリビングストン鉱白根山(草津)ローイエト県中村 房次郎チンボラソ州アトサヌプリイカリア島安達太良山加藤 武夫パルミュラ松尾[村]岩川 与助花岡鉱山自然硫黄黒鉱鉱床オード県松尾鉱山黄銅鉱黄鉄鉱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android