コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川金山衆 くろかわかなやましゅう

世界大百科事典内の黒川金山衆の言及

【金山衆】より

…戦国時代から江戸時代の初めにかけて,それぞれの掘り場を持ちながら採金業をしていた山師の集団で,在地武士団でもあった。とくに戦国大名甲斐武田氏の支配下にあった黒川金山衆,中山金山十人衆,富士金山二十二人衆,信州金山衆等が有名である。このうち黒川金山からの採金にあたっていた黒川金山衆は,保科,田辺,蘆沢,古屋,中村,田草川,池田,保坂,依田等の各氏よりなり,山梨郡栗原筋に住んでおり,地縁的,血縁的なつながりが強かった。…

※「黒川金山衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒川金山衆の関連キーワード黒川金山金山衆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android