黠戛斯(読み)はかす

世界大百科事典内の黠戛斯の言及

【キルギス族】より

…これよりさき前3世紀末から前1世紀半ばまで匈奴によって拉致されその支配下にあったと思われる〈黒髪〉〈黒瞳〉の漢族もその中に混住していたらしい。その後,結骨,紇骨とも呼ばれ,唐代には黠戛斯(ハカス)とも表記された。6世紀半ばごろ,突厥(とつくつ)第一帝国の3代木杆可汗の弟,地頭可汗に併合され,急速にトルコ化が進行したもようである。…

※「黠戛斯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android