コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1次元 いちじげん

世界大百科事典内の1次元の言及

【次元】より

…(1)数学における次元 常識的には,ユークリッドの《ストイケイア》にあるように,線とは幅のない長さ,面とは長さと幅をもつもの,立体とは長さと幅と高さをもつものとされ,また線の端は点,面の端は線,立体の端は面であるとされている。このような理由で,点を0次元,線を1次元,面を2次元,立体を3次元の図形と呼んでいる。このことは点の位置は解析的には線上では一つの実数で,面上では二つの実数の組で,立体内では三つの実数の組で表されることに対応している。…

※「1次元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

1次元の関連キーワードノンパラメトリック推論ジョルダンの曲線定理ホログラフィック原理ブレーン宇宙論ポアンカレ予想次元(数学)次元(物理)フリードマンホモロジー群アフィン空間ITFコードベクトル演算四次元世界モデリング代数幾何学たたみこみ超ひも理論フラクタルQRコード量子ドット

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

1次元の関連情報