2サイクルディーゼルエンジン(読み)にさいくるでぃーぜるえんじん

世界大百科事典内の2サイクルディーゼルエンジンの言及

【ディーゼルエンジン】より

…ピストンがシリンダー内を往復する際の最上・最下位置を上死点,下死点,その距離およびピストンの運動を行程と呼ぶが,4サイクルディーゼルエンジンでは1サイクルが吸入,圧縮,膨張,排気の4行程(クランク軸2回転)からなる。2サイクルディーゼルエンジンでは圧縮,膨張の2行程(クランク軸1回転)のみからなり,ガス交換は膨張行程の終りから圧縮行程の始めにかけて行われる(これを掃気という)が,このために空気を圧縮する掃気ポンプが必要となる。 ディーゼルエンジンでは燃料の自発火を起こさせるため圧縮比は高く,通常14~23の間にとられ,圧縮終りでシリンダー内での空気は40気圧以上,600℃程度になる。…

※「2サイクルディーゼルエンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android