Actaea

世界大百科事典内のActaeaの言及

【ルイヨウショウマ】より

…深山の林のなかに生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。葉がショウマ(サラシナショウマ)に似るところからつけられた。よく発達した根茎があり,茎は高さ40~70cm,分枝せず,2~3枚の大きな茎葉をつける。茎の基部に根生葉はなく,数枚の大きな鱗片がある。茎葉は2~4回3出複葉で,小葉は卵形ないし狭卵形,ときに3裂し,あらい鋸歯がある。5~6月,茎の先に短い総状花序を出し,白い花を密につける。萼片は白く花弁状であるが,早く落ちる。…

※「Actaea」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android