コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ady,E. AdyE

世界大百科事典内のAdy,E.の言及

【アディ】より

…ハンガリーの詩人。東部のエールミンドセント(現在ルーマニア領)出身。ギムナジウム時代から詩作を始める。両親の希望でデブレツェンの法科の学生になるが,学業を放棄し,各地で新聞記者生活を送る。ハンガリーの後進性にぶつかる中で,ナジュバラード(現,オラデヤ)で進歩派の人々の知遇を得,やがて念願のパリに遊学,ボードレールらフランス象徴派詩人への傾倒をさらに深めた。帰国後,急進的な社会主義思想と伝統を破った新しい表現形式による《新詩集》(1906),《血と金》(1907)を刊行。…

※「Ady,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Ady,E.の関連キーワードナーヤナール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone