コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aepyprymnus rufescens Aepyprymnusrufescens

世界大百科事典内のAepyprymnus rufescensの言及

【ネズミカンガルー】より

…腹には大きな育児囊がある。最大種アカネズミカンガルーAepyprymnus rufescens(英名rufous rat‐kangaroo)は,体長36~52cm,尾長35~40cm,最小種ニオイネズミカンガルーHypsiprymnodon moschatus(英名musky rat‐kangaroo)は,体長25cm,尾長16cm前後である。 ふつう地下に数m四方の範囲に広がる複雑な巣穴をつくって集団あるいはつがいですみ,夜活動して,植物の葉,芽,根,果実などを食べる。…

※「Aepyprymnus rufescens」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Aepyprymnus rufescensの関連キーワードカンガルー

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android