コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aitnē Aitne

世界大百科事典内のAitnēの言及

【エトナ[山]】より

…噴火は溶岩流を伴うストロンボリ式噴火が多い。 活動史はきわめて古く,ギリシア神話では鍛冶の神ヘファイストスまたはキュクロプスの仕事場の煙であるとか,ゼウスによって山の下に閉じ込められたエンケラドスまたはテュフォンであるとかいわれ,ギリシア名Aitnēはaithō(〈光る,燃える〉の意)からきている。噴火の記録は前475年(前693年の記録もエトナといわれるが確認されていない)から現在まで80回以上あり,前396年の噴火ではカターニア進攻を図ったカルタゴ軍が長さ40kmの溶岩流のため阻止されたといわれている。…

【火山】より

…たとえば,ギリシア神話に登場する火と鍛冶の神ヘファイストスはもともと東部地中海の火山の神といわれ,エトナ山をはじめとする火山はその仕事場であった。エトナ山(ギリシア名アイトネ)そのものの名も,ヘファイストスの妻とされるシチリアのニンフ,アイトネAitnēに由来している。ヘファイストスはローマの火の神ウルカヌスVulcanusと同一視され,このウルカヌスが火山を意味する英語volcanoやフランス語volcanの語源となった。…

※「Aitnē」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone