コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Barbier,P.A. BarbierPA

世界大百科事典内のBarbier,P.A.の言及

【有機金属化合物】より

…しかしなんといっても有機金属化合物の歴史のなかで重要なものの一つはグリニャール試薬である。これは99年フランスのバルビエPhilippe Antoine Barbier(1848‐1922)によって初めてつくられた。バルビエはメチル基を有機化合物に導入する反応で,亜鉛に代わる金属を探していてこれを発見した(亜鉛はヨウ化メチルを反応しやすくするが,有機亜鉛化合物は空気にふれると爆発しやすい。…

※「Barbier,P.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Barbier,P.A.の関連キーワードセビリアの理髪師ナフトリスグリニャールミシュラン[会社]セビリアの理髪師セビリアの理髪師ボーマルシェグリニャールグリニャール反応点字

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android