コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Barbu,I. BarbuI

世界大百科事典内のBarbu,I.の言及

【ルーマニア】より

…急速な都市化や労働運動の発展とともに,都会の風俗の中に知識人をはじめ多様な階層の人間群像を描く作家たちも登場し,パパダト・ベンジェスクHortensia Papadat‐Bengescu(1876‐1955),(チェザル・)ペトレスクCezar Petrescu(1892‐1961),(カミル・)ペトレスクCamil Petrescu(1894‐1957)らの作品が高い評価を得た。この伝統は第2次大戦後のイバシウクAlexandru Ivasiuc(1933‐77),バルブEugen Barbu(1924‐ ),バイエシュIon Bǎieşu(1933‐ )らによって受け継がれている。幻想小説の系譜は,戦前の作家たち,正教の司祭でもあったガラクティオンGala Galaction(1879‐1961),ボイクレスクVasile Voiculescu(1884‐1963),ダンPavel Dan(1907‐31),第2次大戦後は国外で活躍した宗教学者エリアーデ,SF作家のコリンVladimir Colin(1921‐91),バヌレスクŞtefan Bǎnulescu(1929‐ )らの作品を通じて発展した。…

※「Barbu,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報