Beeckman,I.(英語表記)BeeckmanI

世界大百科事典内のBeeckman,I.の言及

【デカルト】より

…ついでポアティエ大学で法律学を修め,16年法学士になったが,数学以外の学校の学問に失望し,広い世界を見るべく18年ころ旅に出た。まず志願将校としてオランダ軍に入り,18年末オランダの科学者ベークマンIsaac Beeckman(1588‐1637)を知って,自然学の研究に数学を利用する新しい方法を教えられるなど,強い影響を受けた。翌年ドイツへ行って三十年戦争を戦うカトリック軍に入り,その冬,南ドイツのノイブルクに駐屯中〈炉部屋〉で思索を重ね,数学の解析の方法を学問の普遍的方法として一般化し,これによってあらゆる学問を統一する見通しを得るとともに,この仕事に一生を捧げる決心をした。…

※「Beeckman,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android