コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Biezais,H. BiezaisH

世界大百科事典内のBiezais,H.の言及

【バルト神話】より

…そのほか運命の女神,死霊の女神などもバルト神話の世界に登場する。
[研究史]
 バルト神話の研究はラトビアの歌謡の十分な研究を待って行われねばならず,困難な状態を呈していたが,近年ラトビア出身でスウェーデン在住の学者ビエザイスHaralds Biezais(1909‐ )によって過去の研究と膨大な歌謡テキストの批判研究がなされ,バルト神話学は新たな脚光を浴びるにいたっている。主著《古代ラトビアの天界の神々の家族》(1972)をはじめドイツ語による多数の著書は,バルト神話の世界樹なども扱い,印欧神話学に寄与するところが大きい。…

※「Biezais,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android