コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Blount,T. BlountT

世界大百科事典内のBlount,T.の言及

【辞書】より

…これにこたえ,独立した形での最初の英語辞典の誉れを担うのはコードリーRobert Cawdrey編《英語アルファベット表覧》(1604)である。一方,17世紀の間にブラントThomas Blount(1618‐79)編《語誌》(1656)のように,語義のほかに不十分ながら語源的説明を加えたものも現れた。このように,17世紀は難語辞典の時代ということができるが,次の18世紀は真の意味で英語辞書が成立した時代である。…

※「Blount,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Blount,T.の関連キーワードデミルデミル(Agnes De Mille)動物文学