コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Boussingault,J.B.J.D. BoussingaultJBJD

世界大百科事典内のBoussingault,J.B.J.D.の言及

【農学】より

… フランスにも農学研究者ともいうべき学者が,19世紀には現れていた。例えば,ブサンゴーJ.B.J.D.Boussingault(1802‐87)は植物の光合成の研究を行ったが,同時に,リービヒと同様,テーアの〈腐植質説〉を否定し,マメ科植物の窒素固定に関する研究も行った。生物の〈自然発生説〉を否定したL.パスツール(1822‐95)は,家蚕の病気研究で優れた業績を上げ,さらに《昆虫記》の著者J.H.ファーブル(1823‐1915)は生きた自然をそのまま把握,研究することの重要性を説いた。…

※「Boussingault,J.B.J.D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone