コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Brîncoveanu,C. BrincoveanuC

世界大百科事典内のBrîncoveanu,C.の言及

【ワラキア】より

…17世紀からオーストリアとロシアの南進政策が顕著になると,ワラキア公のなかにも両国のいずれかの援助を期待してオスマン帝国からの離脱を画策する者も出たが,みな失敗に終わった。コンスタンティン・ブルンコベヤヌConstantin Brîncoveanu公(在位1688‐1714)は文化・教育の保護者として知られ,1702年にはブカレスト郊外にモゴショアヤ宮殿を建て,いわゆるブルンコベヤヌ様式を後世に残したが,ロシアと同盟しようとしたため,ライバルの大貴族カンタクジノによって密告され,イスタンブールへ呼ばれて処刑された。オスマン帝国政府は16年ニコラエ・マブロコルダトをワラキア公に任命したが,これは政府に忠実なギリシア出身のファナリオットという階層から公を起用して支配を強固にするためであった。…

※「Brîncoveanu,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone