コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Buthus ustralis Buthusustralis

世界大百科事典内のButhus ustralisの言及

【サソリ(蠍)】より


[害と毒]
 一般に猛毒の動物として人からおそれられ,〈蛇蠍(ダカツと読まれるが,ダケツが正しい)のごとく嫌う〉などの表現があるが,刺されて命を落とすような毒の強いサソリは世界に数種しかいない。最強の毒をもつのはアフリカの砂漠にすむButhus ustralisで,メキシコのCentruroides exilicaudaや南ヨーロッパ,北西アフリカのB.occitanusの毒も致命的になることがある。サソリはよく人家に侵入し,戸棚,台所,便所の隙間,靴,衣類,かばんの中に潜り込むことも多いので,猛毒サソリの生息地では注意が必要である。…

※「Buthus ustralis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Buthus ustralisの関連キーワードサソリ極東蠍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android