コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CKO

大辞林 第三版の解説

CKO

〖chief knowledge officer〗
企業内でその企業がもつ知識やノウハウを統括管理する担当者。企業マネジメント組織上での呼称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

CKOの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第25番 ト長調/piano soloMicrosoft Developer NetworkSmall Business Serverヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップホトトギス(杜鵑∥時鳥∥不如帰)春初めてのかっこうの声を聞いてリチャード ファーンズワース春を告げるかっこうを聞いてソリューションプロバイダーワイルド・ビル・ヒコックエキソコンタミネイテッドヒッコリー・ロードの殺人エンドコンタミネイテッドサンショウクイ(山椒喰)イングリッド ピット「シッコSiCKO」ジェラルド カーシュエリン・ブロコビッチコントラスト分化作用従業員株式所有制度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CKOの関連情報