コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cabot,S. CabotS

世界大百科事典内のCabot,S.の言及

【カボット】より

…航海者,地図製作者。イタリア名ジョバンニ・カボートGiovanni Caboto。ジェノバに生まれ,ベネチアに帰化。レバント貿易にたずさわったのちスペインに滞在,東洋に達するに西方航路の可能性を説く。志を得ず1494年イギリスの港ブリストルに現れ,97年ヘンリー7世の勅許を得て西航,北アメリカ東海岸に達する。のちイギリスは,これを根拠にこの地方の主権を主張した。翌年遭難。息子セバスティアン・カボットSebastian Cabot(1474‐1557)も1508‐09年ハドソン湾からフロリダに至る一帯を探検。…

【北極】より

…たとえば17世紀末には天文学者E.ハリーが北極には巨大な穴があいており,地球内部の光がオーロラ現象を生むとする地球空洞説を提示している。 北西航路の探査はイギリス王の命を受けたイタリア人カボットSebastian Cabot(1474‐1557)のニューファンドランドからラブラドル方面への1497年の航海に始まる。彼は後年商業冒険家会社の初代会長になった。…

※「Cabot,S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone