コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cairns,S.S. CairnsSS

世界大百科事典内のCairns,S.S.の言及

【位相幾何学】より

…逆に〈同相な多面体は,その複体的構造を適当に細分すると同形な複体的構造になるか〉という問題は組合せ位相幾何学の基本予想といわれていたが,61年ミルナーにより否定的に解決されている。〈多様体は多面体に同相になるか〉という問題は多様体の三角形分割問題と呼ばれ,微分多様体についてはケアンズS.S.Cairnsにより1935年に肯定的に解決されたが,位相多様体には多面体に同相にならないものが存在することが知られている。
[不動点定理]
 位相幾何学では図形の位相構造の研究とともに,図形間の連続写像の研究も重要課題である。…

※「Cairns,S.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone