コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Callianthemum Callianthemum

世界大百科事典内のCallianthemumの言及

【キタダケソウ】より

…山梨県北岳の高山帯に特産するキンポウゲ科の多年草(イラスト)。根生葉は叢生(そうせい)し,2回3出複葉,小葉身は欠刻し,やや厚く,白緑色。6,7月ころ,高さ10~20cmの花茎を出しふつう1個の花をつける。花は直径2~2.5cm,萼片は5枚あるが早くに落ちる。花弁はふつう6~7枚,黄みを帯びた白色で,基部に暗赤色の部分がある。おしべは多数。めしべも多数。果実は瘦果(そうか)の集りである。日本には本種のほか,北海道アポイ岳の蛇紋岩地帯に特産するヒダカソウC.miyabeanum Tatewakiがある。…

※「Callianthemum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone