コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Callianthemum Callianthemum

世界大百科事典内のCallianthemumの言及

【キタダケソウ】より

…山梨県北岳の高山帯に特産するキンポウゲ科の多年草(イラスト)。根生葉は叢生(そうせい)し,2回3出複葉,小葉身は欠刻し,やや厚く,白緑色。6,7月ころ,高さ10~20cmの花茎を出しふつう1個の花をつける。花は直径2~2.5cm,萼片は5枚あるが早くに落ちる。花弁はふつう6~7枚,黄みを帯びた白色で,基部に暗赤色の部分がある。おしべは多数。めしべも多数。果実は瘦果(そうか)の集りである。日本には本種のほか,北海道アポイ岳の蛇紋岩地帯に特産するヒダカソウC.miyabeanum Tatewakiがある。…

※「Callianthemum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android