コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Campbell,J.W. CampbellJW

世界大百科事典内のCampbell,J.W.の言及

【SF】より

…それはA.C.クラーク,オールディスB.W.Aldissらの現代のイギリスSFに受け継がれていく。ウェルズはベルヌと同じようにアメリカSFに大きな影響を与えており,ガーンズバック自身も熱心な支持者であったが,ウェルズ的な理想主義や文明観が強く投影されるのはキャンベルJ.W.Campbellが《アスタウンディング》誌を編集するようになった1938年以後である。キャンベルはこの雑誌からスペース・オペラを排除し,アシモフ,ハインライン,スタージョンT.Sturgeon,バン・ボートA.E.van Vogt,デル・リーL.del Reyなどの新しい作家を登場させ,SFの思考実験的な要素を全面的に打ち出した。…

※「Campbell,J.W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Campbell,J.W.の関連キーワード礫岩脈フルート褐炭シイ黒色褐炭ブラウン・リグナイトプロトミロナイトキャンベル渓谷の激闘キャンベル溪谷の激闘キャンベルスープの缶ロングバケーション

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone